店舗

出店と改造の基礎知識

新たに名古屋で店舗を開業する場合には、コストや工期にこだわって、最適な店舗デザインを見つけることが重要です。設計から施工までを手掛ける業者を活用したり、時代の変化に合わせてリニューアルするのが、人気のある店舗経営のスタイルです。

模型

電気料金削減以外にも

PPSに切り替えると、電気料金が下がるのが一般的です。再生可能エネルギーで発電しているPPSを選べば、将来のエネルギー資源や環境を守ることに繋がります。ひいては、企業イメージのアップへと繋げることも不可能ではありません。

男性

多角的な経営者

鈴木貞一郎氏の経営している会社では、原子力関連施設のメンテナンス管理の請け負いだけでなく、除染作業も実施しています。更にアスベスト除去やビルメンテナンス業務も実施しており、多角的な経営を誠心誠意行っているのがポイントです。
太陽光発電

農家の収入をアップする

ソーラーシェアリングを導入すると農家は農業収入以外に売電収入を得ることができるので、後継者確保の問題や食糧自給率をあげることにも繋がります。また発電量のうち再生可能エネルギーの割合が上昇し、国の施策に合致することになります。

店舗

要望どおりにしてくれる

名古屋で店舗デザインを提案してくれる專門の会社があります。自身の店舗を初めて持った時などにお願いしてみるといいでしょう。その際、信頼できて実績のあるところに頼むことが大切です。これまで手がけてきたデザインを参考にしてみましょう。

提案を複数もらうこと

ソーラーパネル

即決はしない

農地で太陽光発電を行うソーラーシェアリングは、2014年に農村を発展させるために法律化されて、今ではソーラーシェアリングを導入している農地を見かけるようになってきました。住宅の屋根に使っていた太陽光パネルをそのままの形でソーラーシェアリングに使ってしまうと効率がよくありません。住宅の屋根に乗せているソーラーパネルは発電量が最大になるように高効率なパネルを隙間なく敷き詰めています。一方、ソーラーシェアリングは、あくまでも主役は農作物なので農作物の成長を阻害しないように間隔をあけて設置しなければいけません。この間隔は作付する農作物によっても変わり、使用する農機具によっても異なります。間隔を大きくすれば日を遮らないので植物の成長には影響なくなり、トラクターなども余裕で使えます。その代り、発電量は少なくなってしまいます。そこで最適な間隔や最適なソーラーパネルを選ぶには、ソーラーシェアリングの設置経験の多い販売会社を利用するようにしてください。日本ではソーラーシェアリングが制度化されてからそれほど経っていませんが、海外では既に多くの実績があり、ソーラーシェアリング専用に開発された太陽光パネルと架台がセットになったものも売り出されています。いくつかの業者に見積もりと設置の提案をもらい、提案の根拠や利点を説明してもらうようにして最適な業者を決めるようにしてください。即決をすすめるような業者は最初から利用しないでください。

Copyright© 2018 ソーラーシェアリングの相談【色々な質問ができる】 All Rights Reserved.