農家の収入をアップする

太陽光発電

発電量が確保できる

ソーラーシェアリングとは、農地に架台を組んで耕作している作物の上にソーラーパネルを設置して太陽光発電を行うことですが、隙間をあけているので農作物の影響がないようにしています。つまり農業を営みながら太陽光で発電した電気を販売することで農家の収入を増やすことができます。ソーラーシェアリングを導入するメリットは農家の収入を大きく増やせる可能性があることです。もし、耕作している農作物がソーラーシェアリングを導入した前後で変わらなければ売電分だけ収入が増えることになります。農家の後継者問題や食糧自給率が低い問題を国は大問題としていて、その問題を解決するために2014年に法律化して、今までできなかったソーラーシェアリングを可能としました。あくまでも農業収入がメインになることは忘れないようにして、作物に必要な日射量を確保して据え付けるようにしてください。農地というのは日当たりが良いところにあり、面積も広く、平坦なので太陽光発電に最適な土地です。住宅の屋根の上にソーラーパネルを設定している家庭は増えていますが、どこも小規模なパネルなので発電量は多くありません。日本にある農地の4分の3にソーラーシェアリングが普及すれば、日本で使われる電気の全てをまかなうことができると計算されています。もちろん天候不順によって発電量は不安定になってしまいますが、再生可能エネルギーの割合を増加させたいという国の施策にソーラーシェアリングは注目されています。

Copyright© 2018 ソーラーシェアリングの相談【色々な質問ができる】 All Rights Reserved.